#05
”エスクロ”
~日本でも活躍の場を広げるVEGA-RC~

製品化されたVEGA-RCは常に進化していく。

ヨーロッパ市場で紙幣還流機(紙幣還流:特定金種の紙幣を還流庫に収納させ、払い出しを可能とする機能。)として使用されていた。
日本では紙幣還流機としてではなく、“エスクロ”を搭載した機体としてシェアを広げていくこととなる。

”エスクロ”とは、複数枚入金した紙幣を一旦すべて一時保留庫に収納し、利用者が了承すれば金庫へ、キャンセルした場合は返却できる機能である。
日本ではVEGA-RCの価格帯でエスクロを搭載している識別機が少なかったこともあり、各地でどんどん採用されていった。

当初想定していなかった使い方でVEGA-RCが様々な場所で採用されていったことに少々驚いたが、その後もVEGAは還流庫を2つに増やしたVEGA-RCTwinやガソリンスタンドなどを想定した前方メンテナンス金庫など、後からオプションとして様々な機能が追加されていった。
元々のVEGAのクオリティを評価され、機能が多方面に派生していくことで活躍の場が広がっていったことは技術者としてこの上ない喜びだ。
このエスクロのおかげでVEGA-RCは日本でもシェア率をぐんぐんと伸ばし、今では駅のICカードチャージ機や、時間貸し駐車場などで幅広く用いられている。